ジェットスターの就航都市の紹介

ジェットスターの国内線の就航都市

LCCであるジェットスターは日本国内だけでなく、アジア太平洋地域を中心に数多くの路線を運航しています。

国内線では、東京・成田、大阪・関西、名古屋・中部を中心に運行しており全部で11都市に就航しています。

特に東京・成田発着のフライトスケジュールが多く組まれており、利便性の高さが魅力です。

そして東京・成田と大阪・関西間では曜日によっては一日に10便以上が運行されています。

また、沖縄・那覇や札幌・新千歳といった国内旅行で人気の都市にも就航しているため、今まで行くことが出来なかった人も格安で旅行することができるのです。

格安で空の旅を可能にするジェットスターは数多くの路線を持った魅力ある航空会社となっています。

ジェットスターの国際線の就航都市

一方国際線の就航都市も多岐にわたっており、ジェットスターで様々な場所に訪れる事が可能です。

オーストラリアでは、自然豊かなアデレードやエアーズロック(ウルル)、首都のキャンベラに美しサンゴ礁を望めるケアンズを含め20都市に就航しています。

そしてアンコールワットで有名なカンボジアのシュムリアップや日本人に人気の観光地であるハワイのホノルル、エステやスパが充実しており女性に人気のインドネシアのバリ島、アユタヤ遺跡などの歴史的価値ある遺跡や寺院が多く立ち並ぶタイのバンコクにビーチリゾートのプーケットと魅力ある都市が多くみられます。

ジェットスターは旅行で人気のある都市に数多くの路線をもっている航空会社です。

ジェットスターの予約!

>>人気のジェットスターを一覧から探せます

ジェットスターの路線と利用空港

国内の路線と利用空港

飛行機を利用するとき、調べなければいけないのが利用したい区間を結ぶ便が存在するかどうかです。

航空会社によって、取り扱っている路線は違うため、利用したい路線を取り扱っている会社を探すことになります。

ジェットスターは国内線16路線を運航しています。

東京の成田空港、大阪の関西空港、名古屋の中部空港といった三大都市の空港を中心として、運航中です。

具体的には東京、大阪、名古屋からは札幌、福岡、沖縄への便が発着しています。

その他、成田空港からは高松、熊本など、関西空港は成田空港、中部空港は鹿児島との往復が可能です。

このように多くの国内線を格安で、キャンペーンを利用すればさらに安く利用できるのが、ジェットスターです。

国際路線とその際の利用空港

多くの国内線を運航しているジェットスターですが、それだけではありません。

海外へ行く場合でも、ジェットスターを利用することができます。

ジェットスターが運航している国際路線は11路線あります。

国際線を利用できる空港は、成田空港、関西空港、中部空港です。

そこから、香港やマニラといったアジア太平洋地域、ゴールドコーストといったオーストラリアへも運航しています。

空港によって、どこに行くことができるのかは違うので、利用する場合は間違いのない様に確認が必要です。

国内線だけでなく、国際線も低運賃で利用でき、その上で行き先などに多くの選択肢が用意されているという点が、ジェットスターの特徴であり、強みでもあります。

ジェットスターの受託手荷物の料金

機内持込手荷物のルール

機内に持ち込める荷物には制約があり、規定外のものは預ける必要がでてきます。

ジェットスターではエコノミークラスの機内持込手荷物を合計7kgまでと定めており、それを超える荷物は持ち込むことができません。

また数にも制約を設けており、キャリーケースなどの手荷物1個とハンドバックなどの手回り品1個の計2個までとなっています。

ビジネスクラスでは個数の制限を3個までとしており、重量も14kgまでと定めています。

だだしサイズの規定もあり、一般的に56cm×36cm×23cmを超えないものに限られます。

万が一保安検査後に重量やサイズの超過が発覚すると搭乗ゲートで預けなければならず、3000円という割増料金を徴収されるため注意が必要です。

受託手荷物の細かいルール

機内に持ち込むことのできない荷物は受託手荷物として預ける必要があり、予約した運賃タイプによって無料の場合と有料となるケースがあります。

ジェットスターのエコノミークラスでは国内線と国際線の規定は同様となっており、最大で40kgまでの荷物を預けることができます。

ただし1個あたりの重量が32kgまでとなっているためそれを超える荷物は分けて預けなければなりません。

15kg以内の荷物に関しては同一料金で、それ以上は5kgごとに料金が設定されています。

一方ビジネスクラスは運賃に30kgまでの受託手荷物の料金が含まれているため、この範囲では追加料金は発生しません。

そしてエコノミークラスと同様に追加料金を支払うことで最大40kgまで荷物を預けることができるのです。

国内線ではカウンターで預ける場合基本料金が2600円となっています。

ジェットスターの運賃タイプとオプション料金

知ってるだけで断然お得!ジェットスターの運賃タイプ

旅行に行く時、遠くに移動する時、飛行機を使うと結果お金がかかって大変ですよね。

なんとか安く行ける方法はないのかと探して見る方も多いと思います。

ジェットスターの運賃タイプは通常料金とセール料金があり、通常料金の場合でも、全日空などと比べると格安で航空券を購入することができますが、それよりすごいのがセール時の価格。

セール内容や行き先にもよりますが、1000円未満で航空券を購入できる時もあります。

もちろんセール価格には数に限りがあるため、事前に情報をチェックして販売開始されたら即購入しましょう。

無くなり次第終了なので、同じ飛行機に乗るのに料金が全く違う、なんてこともよくあります。

セール情報は、事前にメールアドレスを登録しておくと随時送られてきますので、頻繁にチェックをしながらお得に購入することをオススメします。

格安だからこそ気をつけるポイント

先ほどジェットスターの格安料金についてお話ししましたが、格安だからこそ気をつけるべきポイントがいくつかあります。

全日空などでは通常受けられるサービスが別料金のオプションになるということです。

ご存知の方も多いかもしれませんが、ジェットスターはLccなので機内サービスやドリンクサービスなどは一切なく、持ち込み手荷物に個数制限や預ける荷物は別料金、とオプションを追加することで料金が高くなる仕組みになっています。

そのほかにも、座席指定もオプションになっており、友人などと旅行に行く場合、オプションで座席指定しないとバラバラの席になる可能性があります。

Lccの場合、最低限のサービスで格安に、というコンセプトなので、抑えるところを抑えて、必要なところは追加して、自分に合ったサービスを受けながら快適な旅を過ごしてみてはいかがでしょうか。

ジェットスターの機内サービスとエンタメ

ジェットスターの機内食の中身とは?

基本的に、ジェットスターの機内食を利用するには事前の予約が必要で、基本運賃に追加されるシステムになっています。

ただし、一部の国際線の運賃にはお食事が含まれているものあります。

お食事のメニューは、地域ならではのメニューのほか、洋食やベジタリアンのメニューから選ぶことが可能です。

お食事にはデザートやパン類が付いています。

また、すべてのお食事にミネラルウォーターと温かい飲み物が付いています。

そのほか機内で購入できるものもあります。

サンドイッチなどの軽食やスティックポテトなどのおつまみ、またカップ麺もあり機内で食べることが可能です。

飲み物では、コーラなどのソフトドリンクやアルコール類、コーヒーなども用意されています。

より快適な空の旅のために、ご自分の好みに合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

ジェットスターで楽しめるエンターテインメントとは

通常、機内のエンターテインメントは、フライト予約時かジェットスターのウェブサイトの予約管理から申し込むことで利用が可能です。

最新のハリウッド映画やテレビのコメディ番組を、前の座席背部に備え付けられているスクリーンで楽しむことができます。

またテレビゲームも用意されていて、空の旅をより快適なものにするために一役買ってくれるかもしれません。

国際線のビジネスクラスを利用するお客さんは、別途申し込む必要がなく好きなだけエンターテインメントを楽しむことができます。

ジェットスターには機内誌も用意されていて、ジャーナリストや現地在住の方から届けられる最新ニュースやイベント情報、地域の魅力に関する情報が満載です。

ちょっとした時間に読んでみるのもいいかもしれません。

また、機内誌は無料で持ち帰ることもできます。

ジェットスターの成田空港からの搭乗方法

空港に着いたらまずは第3ターミナルへ

2015年4月8日にジェトスターをはじめとしたLCCは第3ターミナルに引っ越ししました。

ですから、ジェットスターを利用するにはこの第3ターミナルへ行く必要がありますが、駅からとても遠いです。

出発1時間前には空港についておくようにしましょう。

空港の第3ターミナルに着いたらまずはジェットスターのカウンターに向かいましょう。

看板が出ているのですぐにわかります。

ちなみにジェットスターでは荷物を預けた場合有料になります。

7キロ以内の手荷物であれば機内に持ち込み可能なので安く乗りたい人はなるべく7キロ以内に荷物を収めておくようにしましょう。

ちなみに航空券のプリントアウトは空港でも可能ですが、自宅でしておいた方が後の手続きがスムーズになるので自宅でプリントアウトしておきましょう。

第3ターミナルから搭乗までの流れ

第3ターミナルに引っ越して以降、施設使用料を徴収されるようにはなりましたが、フードコートは充実しています。

機内では飲料や食べ物もすべて有料なので必要ならば搭乗前にコンビニで買うなり事前に買っておいた方が出費は少なくすみます。

次に保安検査場に向かうのですが、この保安検査場までも遠いです。

そして検査場を通過したらすぐに搭乗口というわけではなく、検査が終わってからも搭乗口まではけっこうな距離があります。

搭乗ゲートについてからも飛行機の乗り場によってはさらに歩くことになります。

ちなみにキッズスペースが入り口横にあるので家族連れの人は必要であれば利用しましょう。

そして2016年4月より、手荷物の重さを厳密にチェックされるようになったので、最後に手荷物の重量をチェックしてもらいます。

チェックに問題が無ければそのまま搭乗することができます。