ジェットスターの受託手荷物の料金

機内持込手荷物のルール

機内に持ち込める荷物には制約があり、規定外のものは預ける必要がでてきます。

ジェットスターではエコノミークラスの機内持込手荷物を合計7kgまでと定めており、それを超える荷物は持ち込むことができません。

また数にも制約を設けており、キャリーケースなどの手荷物1個とハンドバックなどの手回り品1個の計2個までとなっています。

ビジネスクラスでは個数の制限を3個までとしており、重量も14kgまでと定めています。

だだしサイズの規定もあり、一般的に56cm×36cm×23cmを超えないものに限られます。

万が一保安検査後に重量やサイズの超過が発覚すると搭乗ゲートで預けなければならず、3000円という割増料金を徴収されるため注意が必要です。

受託手荷物の細かいルール

機内に持ち込むことのできない荷物は受託手荷物として預ける必要があり、予約した運賃タイプによって無料の場合と有料となるケースがあります。

ジェットスターのエコノミークラスでは国内線と国際線の規定は同様となっており、最大で40kgまでの荷物を預けることができます。

ただし1個あたりの重量が32kgまでとなっているためそれを超える荷物は分けて預けなければなりません。

15kg以内の荷物に関しては同一料金で、それ以上は5kgごとに料金が設定されています。

一方ビジネスクラスは運賃に30kgまでの受託手荷物の料金が含まれているため、この範囲では追加料金は発生しません。

そしてエコノミークラスと同様に追加料金を支払うことで最大40kgまで荷物を預けることができるのです。

国内線ではカウンターで預ける場合基本料金が2600円となっています。