ジェットスターの関西国際空港からの搭乗方法

簡単な自動チェックイン

LCCであるジェットスターは大手航空会社のANAやJALとは異なるシステムが見られるため戸惑うことも多いでしょう。

ここではスムーズに搭乗するための手順をご説明します。

まず最初にジェットスターの関西国際空港のターミナルは第一ターミナルの2階にあり、国内線の出発口は南出発口と北出発口の2か所となっています。

同じLCCのピーチは第二ターミナルとなっているため注意が必要です。

次にジェットスターのカウンター近くにある自動チェックイン機に旅程表のバーコードをスキャンし搭乗券を発行します。

ウェブ・チェックインを済ませている場合はこの作業を行う必要がないため、より短時間で搭乗することができます。

チェックインは出発予定時刻の30分前までとなっているため余裕をもって空港に訪れることをおすすめします。

早めの行動が鍵となる

チェックインを終えると搭乗する準備にかかります。

機内持ち込み可能な手荷物以外のものがある場合は荷物を預ける必要がでてきます。

この荷物は受託手荷物受付カウンターやチェックインカウンターで手続きします。

その後保安検査場で搭乗券の確認を行い搭乗ゲートへ向かうことができるのです。

搭乗は出発予定時刻の25分前となっており、少しでも遅れると搭乗できなくなってしまいます。

さらに、運行状況によって出発時間が変更される場合もあり、まめに電光掲示板をチェックしておくことが重要です。

また、国際線を利用する場合はチェックイン締切時間60分前や45分前、搭乗ゲートへの集合時間が40分前と異なってくるため早めに空港へ足を運ぶ必要があります。